FC2ブログ
雲南省の麗江とならぶ観光地である大理古城にやってきた。
DSC_1186_20110824180706.jpg


ここはペー族だかなんだかが住む古都だそうな。
京都みたいな感じでしょうか?やなぎがいい感じです。
DSC_1171.jpg


なかなかおしゃれな町並みである。
DSC_1170.jpg


そして飯が美味い。
ギョーザ小龍包
DSC_1181.jpg



DSC_1162.jpg


煮卵。
DSC_1163.jpgt="332" />
どれも100円位で食べられるからもう最高です。
物価も安いし味もGOOD!!ここなら住めるよホントに!

宿でまったり。
大理古城なかなかいいなあ。
DSC_1160_20110824180335.jpg
飛来寺。
昔はここの辺りは何にもなかったらしいが、
今では民家とか展望台、そしてホテルが立ち並ぶようになってしまったみたいです。
DSC_1026.jpg

ここでもタルチョがはためきます。
DSC_1028.jpg


やっぱりタルチョに青い空がはえる。
DSC_1025.jpg



DSC_1024.jpg


途中で仲良くなった愛犬いもまる。ひょっこりついてくる粋な奴です。途中爆竹の音にびびり逃走。
DSC_1022.jpg


近くの雨崩村に一泊二日でトレッキングに行ったりして。
途中の峠です。
おびただしい数のタルチョ。
DSC_1077_20110823215447.jpg


タルチョは祈りです。
DSC_1078_20110823215544.jpg



DSC_1080.jpg



DSC_1119.jpg



DSC_1118.jpg
梅里雪山
標高6740メートル。中国雲南省最高峰。
かつて日中合同登山隊17名の命を一瞬にして飲み込んだチベット仏教の聖山。
未だ未踏峰。その頂きに立ったものは誰もいません。



この山を見るためにここにやってきた。
徳欽から急いで展望台のある飛来寺という街まで移動。
頼むから曇らないでくれと願いながらの移動。その想いが通じたのか、
飛来寺のホテルからみた梅里雪山にしばし心を奪われる。
美しい。
DSC_0903_20110823212721.jpg


そして段々と日が落ちていく。
DSC_0915.jpg


主峰カワカルポと明宝氷河。夢中でシャッターを切ります。
DSC_0950.jpg

そして星空と雪山
DSC_0960_20110823212719.jpg

夜の女神峰。天に突き刺すような槍。日本の槍なんて目じゃないな。山容がかっこよすぎて鼻血でそうです。
DSC_0966.jpg


目覚ましをセットして朝焼けも撮影。
DSC_0984_20110823212717.jpg


朝日に照らされるカワカルポ
DSC_0990.jpg

まさにあさから晩まで梅里雪山を拝む
でも、飽きないんだなあ。。
最高に贅沢な瞬間です。
シャングリラからバスで梅里雪山の近くの街徳欽へと向かいます。
しかしこの道がすごかった。ちょうど舗装の拡張工事をしているのか
アスファルトははがされて、ほぼ8割位はダート。
しかもバスの席は一番後ろ。終始バンプしまくりで、
たった150キロの道のりを6時間以上かけて
DSC_0889.jpg


途中の峠。
DSC_0883_20110726173358.jpg


ここでもタルチョです。雪山とタルチョ。
DSC_0885_20110726173353.jpg


そして徳欽が近づくに連れて窓から見えるのは!!
DSC_0898_20110726173353.jpg


そうです。梅里雪山。主峰カワカルポ。
バスの窓からですがなんとも神々しいお姿です。
コレを見るためにやってきたんだよな。
DSC_0900_20110726173353.jpg

そしてさらに近くの飛来寺に向かいます。中国語でフェイライスーです。
昆明はただの省都なので昆明からバスに乗りシャングリラという町にやってきた。
中国語で書くと香具里拉だったと思います。

シャングリラはイギリスの作家ジェームズ・ヒルトンが1933年に出版した小説『失われた地平線』に登場する理想郷(ユートピア)の名称らしいです。
ただ、ここ雲南のシャングリラはどうやらあとから作られた場所のようで、雰囲気もなんだかいまいち。
まあキレイな場所ではあるんですが、あまりシャッターを押す気になれず、写真とってません。


こんな石畳の街なんですが、テーマパークみたいなもんなんでしょうね。
DSC_0874.jpg

そしてタルチョです。
DSC_0877.jpg

タルチョ。
DSC_0879.jpg
やっぱりもうちょっと奥まで行かないとダメなんでしょうね。
次の目的地はここからさらに奥の徳欽という町です。
そしてお目当ての聖山 梅里雪山。