上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
前回の続きです。三つめのキーワード。
③『安倍政権の対応』
主にテレビを中心に安倍政権への批判が多く見受けられました。
結果として二人の罪もない邦人の命を失ってしまった。これは事実です。
そしてその一定の責任は政府にあるわけですが、
過度に政権批判をすべきではないと僕は考えています。
むしろ今回の事件に関しては甘めに採点をしてしかるべきだと僕は思います。

なぜか。どちらの結果になっても批判されるからです。
今回の結果は二通りしかなかった。人質殺害と人質救出。当たり前だけど。
残念ながら人質殺害という最悪の結論になってしまったわけだが、
政府は二人を見殺しにしたという批判を受けている。
では、もし人質が救出されていたら??やっぱり批判されていたと思う。
政府の公式の立場は、実際には身代金を払っていたとしても払っていないというのだろうし、
でも、普通に考えたら金を払わないで解放されるなんてことは考えにくい。
どうせ金を払ったのだろうと政権批判されることは明らかです。

結局どうやっても批判される。
そして誰が首相をやっていてもそんなに変わらない結末を見ていたのではと思います。
鳩山さんとか菅直人さんが首相だったら違う結果がでていた可能性があるかもしれませんが、
それは推して知るべし!

では具体的にどんな批判なのか見ていきましょう。

「人質が捕まってる状況で中東に行ってイスラエルでISISを挑発するような発言をするというのはいかがなものか!想定できていたのか?」「安倍さんが中東へ行かなければ」とか「イスラエルで二億ドル払うと言わなければこんな事件は起こらなかった」「トルコと連携していたら」とか「政府は二人を見殺しにした」「もっとヨルダンに強硬に人質交換を促せ」「中田考氏を活用せよ」「石堂さんと面会せよ」
等々

他にもあると思いますが。
見る限りあまり整合性が取れている批判がないように感じます。
青山繁晴さんのコメントが一番納得いった。
興味があったら聞いてみてください。


さすが晴。名前がいいですね。
テロリストの顔色見て外交しろというのか!?まさにその通りだと思う。

安倍政権を批判されたい方はすればいいと思います。
ただ、それと同時に自分の立場を明確に示す。そこが大事。
日米関係、生命権、対テロリズム、対中東、こういった問題に対して明確に自分の立場を示して初めてまともな批判ができると思う。
「人命最優先」「人命第一」で思考停止している人達の政権批判はどこか薄っぺらい。
人殺しが悪くないわけがない。そんなことは小学生でもわかります。
人殺しが、そして見殺しが間違っていることだと知りながら。
今回はやむなく見殺しにせざるをえなかったとうことです。



いずれにしろ思うところがあるのであれば、選挙という民主的な手続きを経て政治家になり、
堂々と主張すべきではないでしょうか?
安倍政権は選挙という民主的な手続きを経て選出された代表なわけです。
皆さんが選んだ国会議員が彼を選出したことを忘れてはいけません。





最後に一番の肝心な部分です。
④『命の重み』
皆さんも今回の事件を受けて色々感じることがあったと思います。
事実僕もFBに数度投稿をして、二年間放置していたブログまで書いてます。
個人的に思うところがあったので。

なんの罪もない日本人が殺害されたのです。
この「なんの罪のない日本人」ということが非常に大事なことだと思います。
ISISと湯川さん、後藤さんの間に利害関係や敵対関係はありません。個人レベルではゼロです。
ではなぜ??
なぜ罪のない人が殺されなければならないのでしょうか???
皆さんは心の中でどういう結論をだしましたか??
このブログを読み進める前に一度目を閉じてその理由を考えてみてください。




















A、「それは彼らがシリアにいたからです。」と答えた人は、シリアにいた→いなければ殺されなかった→シリアに行った本人が悪い=自己責任となるわけです。

A、「安倍さんが見殺しにしたから殺された」と答えた人は、安倍さんが適切に対応をしなかった。→適切に交渉を進めていれば助かったかもしれない→政権批判とこうなるんだと思います。

答えは無数にあります。どちらが正しい正しくないかは論じません。人の数だけ答えはあります。


それでは事実だけを切り取ってみてみましょう。
なんの罪もない(日本人)が(ISISテロリスト)に殺されました。
上の文章は事実ですね。多くの日本人はこの事実に憤り、悲しみ、そして怒っている。
そうですよね??

ではここで一つの実験をしてみたいと思います。
()に違う言葉を代入してみるとどうなるのか?
なんの罪もない(リビア在住の外国人)が(イスラム過激派)に殺されました。
二週間前の出来事です。8人亡くなっています。
ニュース毎日新聞より
日本人の態度はどうでしょうか?無関心。そもそも知らない。知っていてもそんなに興味がない。
こんなところでしょうか??でもここで注目したいのは
なんの罪もない人が殺されているという客観的事実があるということ。


ではもう一度別のワードで代入してみましょう。
なんの罪もない(シリアの民)が(アメリカ有志連合の空爆)に殺されました。
有志連合は数百か所の空爆を既に行っています。空爆には当然誤爆がつきもので、
民間人が多数被害にあっていることは誰でも想像できるのではないでしょうか?
では、これに対する日本の態度は?
やはり無関心、そもそも空爆をするという本当の知らない。
知っているけど自分には関係ない。
やはりこんなところではないでしょうか??

我々日本人は何に対して大騒ぎをしているのでしょうか?
そして何を黙殺しているのでしょうか?

今もシリアで、イラク、パレスチナで罪もない命がなくなっています。

上記から浮かび上がってくるのは「日本人」ということです。
結局のところ私たちは日本人が中東で誘拐され、日本政府日本人を救出することができず、テロリストにより日本人が無残に殺害された。
ということに我々日本人は興味関心を持っているということではないでしょうか??
日本人の命だから尊いのでしょうか?


そしてその「同じ日本人だから」という価値観、同朋意識はそこまで大事にしなければいけないものなのか?と僕は思いました。

ちなみに自分は愛国者です。右か左かといったら右です。
バリバリの保守です。たまにSAPIOとか読みます。朝日新聞は嫌いです。櫻井よしこ女史は大好きです。
ただ、今回浮かび上がってきた薄っぺらい日本人同朋意識にはどうも同調できません。

これは事件発覚当初から感じていたことですが、
僕は湯川さん後藤さんに対して特別な感情を抱くことはできませんでした。殺害された後もです。
だって、世界は不条理で私たちが知らないだけで罪のない命が今日も奪われている。
考えてもキリがないし、無意識で黙殺しているからみんな普通に生きていけるんだと思う。
そしてたまに罪滅ぼしでユニセフに募金とかしたりなんかして。

だから僕は必要以上に感情移入しないし、それでいいと思っている。
だって他人だもん。
それに対して不謹慎でけしからんと思うのようでしたらどうぞ。といった感じだ。

でもそんな僕でも大事にしているものがある。
それはなにかといわれれば、

家族です。
友達です。
お世話になった方々です


FB米

これは1月23日に自分のフェイスブックで発信したものなのだけど、
基本的な自分の考え方はお二人が不幸にも殺害されてしまった今も変わっていない。

だから僕はこの問題の根っこを家族に求めたい。

後藤さんのこと、石堂さんのことそして湯川さんのこと
あまり家庭の問題を深く詮索するつもりはない。
家族にはその家族にしかわからない問題があるし、複雑な事情があるので。



しかし、きっかけを作った湯川さん、後藤さんの周りが、家族が、友人が
本当に抑止力になることはできなかったのでしょうか??

①「息子が民間軍事会社を立ち上げてシリアに行くといったときに父親はどういう行動をすべきでしょうか??」

②「息子が結婚した時に母親は何をすべきでしょうか??」

③「息子に子供ができて自分がおばあちゃんになった時に母親は何をすべきでしょうか?」

④「妊娠中の妻を置いて息子が紛争地に行くと言ったときに母親は何をすべきなのでしょうか?」

僕の母親は、僕が身重の妻を日本に置いて自分が紛争地に行くと言ったら
身体を張ってでも止めると思います。そういう親に育てられました。

まあその事実を知らなかったら止めようがないのですが、
そもそも知らないということ自体が家族にとっての大問題です。


僕は同じ状況になったとしても絶対にシリアには行かない。
なぜかというと、愛する家族がいるからです。大切は友人がいるからです。
お世話になった方々がたくさんいるからです。
万が一があった時に悲しませる人がいるからです。
迷惑をかけたくない大切な人がいるからです。

奥さんからみたら「夫」であり、両親からみたら「息子」であり、友人からみたら「よき友人」という
なんでもない役割のほうが僕にとっては遥かに重要です。
仕事とか、使命とか、正義感とか、宗教観とか、ジャーナリズムとか、赤の他人の命とか
本当に大事なことなのでしょうか?

これからさらに混沌とした世の中になっていく気がしています。
北大生がISISに参加しようとしてみたり、
名大生が斧で他人の頭をかち割ってしまったり、
宗教家を育成する立場の人間の息子が人を殺めてしまったり、
秋葉原では誰でもいいからと7人も無差別殺人をした人が死刑になったり、

本当に彼らの家族と友達は抑止力になることができなかったんでしょうか??
彼らはただのサイコパスなのでしょうか?
サイコパスって便利な言葉ですね。

この機会にぜひ皆さんにも考えて頂きたい。
自分にとって本当に大切なものはなんなのか??
世の中の動きや日本人全体に目を向けろ!とはいいません。
少なくとも自分の家族、友人、かかわった方々を大切にするだけで、
少しずつ世の中が良くなる気がしませんか?
僕は目の前の人たちと目の前の景色だけしか見ることはできませんが、
これからも目の前の人たちを大切にしていきたいと思っています。




以上長々読んで頂き感謝です。
これからも書きたくなったら書くと思います。
引き続きお付き合い頂けるとこれ幸いです。

スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://tobanaibutaha.blog37.fc2.com/tb.php/578-e6fffb3d
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。