上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
皆さん想像できますか?
肉の無い肉屋。魚がいない魚屋。野菜を売らない八百屋。
そんなもの想像できませんよね。だってそれが商売なんですから。
何何屋と掲げる以上はそれを売るのは当たり前だし、それを売っているから何屋と名乗れるわけです。
肉屋が肉を売らなくなった時点でそれはすでに肉屋ではありません。
でも、それはアルゼンチンはパタゴニアにありました。


夕方給油の為小さい街に入りガソリンスタンドにて給油。
DSC_0239.jpg
俺「のべんたとれすじぇのぽるふぁぼーれ」93オクタン(レギュラー)満タンよろしくね!

店員「ノーアイ」無いよ。

俺「こも?」えっ?なに?

店員「ノーアイガソリーナ」だからガソリンが無いんだって!

ええええええ!!!なんじゃそりゃ。


ガソリンを売らないガソリンスタンド。果たしてここは何屋なんでしょうか?
油屋が油を売らなくなった時点で油屋とはいえません。
ただのスタンドということです。

そしてガソリンはいつくるんだ?と聞くと明日か明後日だとおもうけどわからないなあ、との答え。
こんなことあっていいんでしょうか??

海外を長く旅しているとたまにこういう状況に遭遇することはあります。
実際僕もエチオピアやタジキスタン等ではしばしばこういう体験をしています。
だから特段驚きもしないんですが、でもでもここはペルーでもボリビアでもギアナ三国でもなく、
南米の先進国アルゼンチンのはず。
いくらパタゴニアの奥地とは言え、これはあまりにもひどいんではなかろうか???

次の街までは240キロ以上。戻るにしても130キロ。
僕のガソリンタンクの残りは3リッター位しかありません。
そうです。つまりこの街に閉じ込められたということ。
スーパーもなければネットカフェすらありません。
WIFIさえ飛んでいればいくらでも時間つぶしはできるのですが、、そんな気の利いたものはありません。

仕方がないのでガソリンスタンドソバにてキャンプ。文句はいわせません。
DSC_0237.jpg

キャンピングカーで回っているオランダ人夫婦がその後やってきたのでしばらく歓談。
残念なことに彼らの車はディーゼル。
DSC07572.jpg
さて、この先どうなることでしょうか?俺はここに何泊しなければいけないんでしょうか??
これで連続キャンプ7日目。モンゴルで記録した7日に遂に並びました。トップタイ記録です。
果たしてこの記録はどこまで伸ばせるでしょうか?そろそろ風呂に入りたくなって来ました。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://tobanaibutaha.blog37.fc2.com/tb.php/483-faf7c0bb
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。