上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
メキシコに日本人が殖民した街があると聞き、行かずにはいられなくなり行って来ました。
チアパス州のタパチュラ近郊にあるアカコヤアグアという街です。
ここは明治初期に榎本武揚が組織した榎本移民団が始めてメキシコに入植した街なんです。
榎本武揚で思い出しましたが、彼は五稜郭で敗れたいわゆる幕府側の人間なのですが、
明治政府でも重用されるわけです。
当時の明治政府の懐の深さをうかがい知ることができますね。
今の政治家も政党や派閥(与党民主党では派閥といわずグループというみたいですね笑)
話がそれました。。


遺跡とかには全く興味が無いが、そういうところにはやたらと行きたくなってしまいます。
スペインのコリアデルリオに行ったせいもあるのかもしれません。
オアハカにもパレンケにも行きませんが、ココには行きます。



バイクで走ること何時間か?夕方前に到着。
榎本パークはすぐに見つかりました。

なぜか芭蕉の句が。。なぜ芭蕉??
DSC_0597.jpg


DSC_0599.jpg
ここにいれば誰かが「お前はハポネスか?」なんて話しかけてくれるかと思いしばらくぼーっとしてたんですが、
日本人らしき人もいないし、誰も話しかけてこないのでこちらから探すことにしました。

「ハポネスに会いたいんだ」と何人かの現地人に声をかけると、タケムラさんという人が歯医者をしているとの情報が。早速行ってみることに


ココです。タケムラさんち。
とりあえずピンポンを鳴らします。あいかわらず図々しいですよね。俺。
DSC_0617.jpg

そしたら二世のおばあちゃんが出てきてくれて、色々と話を聞かせてくれました。

DSC_0601.jpg

その後おばあちゃんが街を案内してくれました。
DSC_0608.jpg

季節はずれの七夕がいい感じです。
DSC_0603.jpg

その後ホテルに行くも250ペソとちょっと高すぎたので結局タケムラさんに頼んで、
庭にテントを張らせてもらうことに。
ホント図々しくてすいません。
でもとっても楽しかったです。
タケムラさん本当にありがとうございました!!
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://tobanaibutaha.blog37.fc2.com/tb.php/422-fe5f8e98
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。