上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
セビリアの近くにコリアデルリオという街があります。
ここには400年前東北の仙台から太平洋を渡りメキシコを経由してこの地までやってきた
支倉常長率いる遣欧使節団の末裔が今も住んでいるんです。
彼らは姓をハポンjaponと名乗っています。
現在ここコリアデルリオには600人以上のハポンさんが住んでいると言われています。


実はここまでの道のりは結構大変でした。
なにせ大きな都市ではないので、なかなか見つけられなかった。
アルカラデルリオ、アルコリアデルリオとニアミスを繰り返し、
これはもう諦めろってことなの?と自問自答したんですが、
なぜかここにはどうしても行きたいと思った。

その後セビリアまで戻り、マックのWIFIで再度情報収集。
翌日の朝にようやくたどり着きました。

ハポン、ハポンと連呼していたらここまで連れて行ってくれました。
IMG_4580.jpg
支倉常長像。コリアの皆さんは彼のことをtsunenagahasekuraとは呼びません。
みんなhasekuratsunenagaと呼びます。日本では姓が先で名が後になります。
細かいことだけど、そんな心遣いがうれしい。

IMG_4581.jpg
視線の先にあるものは何なのでしょうか?


その後JUANFRAN JAPONさんに街を案内して頂きました。
彼は父母ともにJAPON姓を持つ根っからのJAPONさん
IMG_4658.jpg

とにかくこの街はJAPONでいっぱい。
IMG_4592.jpg
美容室も

IMG_4593.jpg
美容師さんもJAPONさん


IMG_4594.jpg
ハポネス

IMG_4601.jpg
車もハポン

IMG_4583.jpg
ここはセンダイというBARです。支倉は仙台藩主伊達政宗の命を受けてここまでやってきたんですね。

IMG_4584.jpg
夜はここで一杯。


IMG_4585.jpg
これは建設会社の看板です。
ここの社長さんもハポン?と思いきや違います。
スペインでは父親の姓と母親の姓両方を受け継ぎます。
つまり二つの姓があるんですね。
彼の場合母親の第二の姓がハポン。
彼もハポンの血を受け継いでいるんですが、
母親の第二の姓は受け継ぐことができないのす。
そこで彼は会社の名前にハポンをつけたというわけです。
自分の起原を忘れることがないよう。
そして自分が日本人の血を受け継いでいることを誇りに思う。と。

総じてコリアのハポンさんは皆ハポン姓を誇りに思ってくれています。
本当にうれしい。自分が日本人でよかったと思う反面、
今の僕は彼らが誇る日本人になれているだろうか?
今の日本の姿は彼らが誇りを持つにふさわしい姿なのだろうか?
国を愛することを忘れてしまった今の日本を見たら彼らはきっと悲しむんじゃないかな?


彼らの為にも、そして自分の為には日本を誇り、そして日本を愛そうと改めて感じました。


400年もの昔に果敢に海を渡り遠くスペインの地まで旅をした支倉遣欧使節団一向に敬意を表するとともに、
そのかくも勇敢な使節団の末裔が今尚遠い祖国を思い、JAPON姓と共に誇りをもってスペインの地で生き続けていることを思うと目頭が熱くなります。
ロマンですよね。
これぞロマン。

素敵な出会いをありがとう。

IMG_4595.jpg
彼らのお墓にも案内して頂きました。
カルバハルハポンさん。
JUANFRANの伯父さんでハポン姓のリーダー的存在。
2005年に亡くなったそうです。ご冥福心よりお祈りします。


IMG_4597.jpg
もしスペインのセビリアまで訪れることがあったら、
是非、SAMURAIの住む街COLIA DEL RIOまで立ち寄ってみてください。
その際にはお線香をご持参頂けるととても嬉しいです。

もちろんスペインにはそんな風習はありませんしそんなもの存在しません。
でもきっと彼らの魂がそれを懐かしく思うことでしょう。
なぜなら彼らはJAPONだから。

スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://tobanaibutaha.blog37.fc2.com/tb.php/203-2598398f
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。