上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
9月2日
ゲストハウスをチェックアウトしたんですが、
宿のババアが本当にクソで朝から相当気分が悪い。

お釣りが足りないので釣りをよこせというと、
札がないから無理だと言われ、ごねているとコインでお釣りを出してくれた。

そこまでは良かったんですが、コインを僕に渡した彼女は、
バイクと荷物をまとめてさっさと出てけといわんばかりに僕を追い出しました。
マタチークル(バイク)とバガーシュ(荷物)しか理解は出来なかったが、
何を言っているかは僕にだってわかる。
なんですか?
この国ではお釣りを正当に請求しちゃいかんのか!?
そのババアの顔はモンゴルで会った強欲なババアの顔とそっくりでした。
これはただの偶然か…金に汚い人の顔は似てくるものなんですかねえ???


そして出発前に給油をと思ったのですが、GSがどこを探しても見当たらない。
地元の人に聞くと民家に案内されペットボトルにじょうごで給油です。
恐るべしパミール高原。
IMG_2077.jpg


アフリカまでこれはないかなあと思ったんですが、まさかタジクで体験するとは思ってもいませんでした。文字通り初体験です。
パミールのガソリン事情は最悪ですね。モンゴルより遥かに悪い。
しかも高いリッター4ソモニだから92円位
クソたけえ!多分80オクタンだし。
鉱物資源は豊富なはずなんだが、タジキスタン。

その日は350キロ離れたイシュコシムという街を目指したんですが、
僕のバイクは満タンで約450キロ位走るので無給油で余裕の計算だったんですが、
標高4000メートル以上のせいかガソリンがみるみるうちに減っていき300キロを越えたところでリザーブに…
で、また本日二回目のペットボトル給油です(笑)
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://tobanaibutaha.blog37.fc2.com/tb.php/122-900194f5
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。