上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2011.03.30 3号線の終点。
終点にやって来ました。
ウシュアイアの街から約30キロほどのところにそこはあります。

ティエラデルフエゴ国立公園内、アラスカのダルトンハイウェイの終点プルドーベイから延々と続くパンアメリカンハイウェイの南の終点。
三万キロ程でしょうか。走りに走ってようやくたどり着きました。
アラスカを折り返したのが去年の8月初旬。約7ヶ月間。
DSC_0403_20110320185609.jpg


そして日本を出発してから早一年半。この時と何か変わっているんでしょうか。
なにも変わってない気もするし、全てが変わった気もします。
見た目は、間違いなく変わってますね。。。
DSC_0405_20110320185609.jpg

出発時自宅前にて撮影。貴重な写真です 笑
IMG_0678.jpg



しばらくして夜明け。
ウシュアイアは僕の旅の集大成。この旅の最終目的地でもあります。
アラスカを出てからここだけを目指して、
ここに行くためにボリビアの悪路もパタゴニアの荒野もアンデスの山々も越えてきたはずなのに。
目の前に広がる景色は今の僕にとってはあまりに残酷で。
道の終わり。つまり「お前にはこの先の道はない」と言われているような気がして、
今の自分の置かれている状況そのままなような気がして、
ここまで来ておいて自分を見失いそうになる。
それは世界一周を成し遂げた達成感とは程遠く、ただただ閉塞感。

しばらく一人で朝日を見つめながら本当に終わってしまったのか。。
そして俺はこれからどこを目指していけばいいのだろうか。
自分自身で決めるしかない問題だとわかっているし、
今までもこれからもそうしていかなければいけないということはわかっている。
DSC_0384.jpg

朝日がやたらと目にしみる。そんな夜明けだった。
DSC_0386.jpg

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。