上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
7月27日
今日はロシア国境手前の街ウルギーを目指してハンスと200キロの道のりを走ります。
IMG_1430.jpg


IMG_1440.jpg

山あり、川ありで、川渡りもして標高2500メートル位の道を越えてきました。
ちょうど富士山の5合目と同じくらいか。
IMG_5739.jpg

IMG_5709.jpg

ここまで来ると、ゲルはあまり見なくなりました。
ロシア語が通じる率もかなり上がった気がするし、
人の顔がロシアぽい顔になったというか。街全体がロシア色が濃くなった気がする。



ビザの有効期間ギリギリいっぱい使って約1ヶ月間滞在したモンゴルも、
明日で最後となりました。
IMG_1432.jpg


西に2000キロ横断してきたわけですが、進むたびに人も街も変わっていき
本当に興味深い国でしたね。

モンゴルって人口の半分以上が首都ウランバートルに集中してるみたい。
こんだけ広い国土を持っていながらですよ。クレイジーだよ。
一極集中にも程がある。だからウランバートル以外は本当に空っぽ。
生活はシンプルだし、なんもない。
でもなにも無いのがモンゴルの良さなんだと思う。
僕は空っぽのモンゴルのほうが好きですね。

ちなみにモンゴル人がなぜ遊牧するか知ってますか?
彼らは自由気ままに遊牧しながら転々と住むところを変えているわけではなく、
必要性から遊牧をしているんです。
家畜を飢えさせない為、つまるところ家畜を食らう自分達が飢えない為に、
より良い牧草地を求めて移動を繰り返している訳です。
だから遊牧は生きていく為の術なんですね。
遊牧をしたいんではなく、遊牧をしなければ飢え死にしてしまうんです。

よりよい場所を求めて移動していくのが遊牧民族モンゴル人。
ウランバートルで都市的生活を送っているモンゴル人も考え方の源泉は遊牧民族なんだと思います。
より良い場所を探した結果がウランバートル。
ウランバートルの牧草(本当の牧草ではないですよ)が枯れるまではウランバートルへの人口集中は止まらないんでしょうねきっと。



道は本当にきつかったけど、
景色はすばらしいし田舎には昔ながらのシンプルな人間の営みがあり
人はみんなやさしい。
食事のまずさと道の険しさ込み込みでいい経験!!
あ、スリもね。
今はそう思っています。
バイラルラ!!モンゴル。
スポンサーサイト
取り急ぎお侘びと御礼

ブログ更新が滞ってしまいご心配おかけしてすいませんでした
旅は順調そのものなのですが、ネット環境になかなか恵まれず更新が遅くなりました。

これからも1週間位は状況によって連絡がとれなくなることがあると思いますが、
多分無事なので心配しないでください。
ただ、1週間こえたら心配してね!!





7月26日
朝起きてホテルのインターネットスペースに行くも、今日はできないといわれてしまう。
昨日受付のおばちゃんがザーフトラ(明日)の10時OKって言ってたのに。
IMG_1402_20090806161838.jpg

しょうがないからネットカフェに行くと、隣に2メートル超の大きな外人が。
で、よくよく話してみると彼もバイクで旅をしているみたい。
IMG_1417.jpg

オランダ人のハンスさん。なんと御歳62。両親より年上だあ~。
オランダからイルクーツク、ウランウデ、ウランバートル、アルタイと駆け抜けてきたみたい。
田淵さんといいハンスといい。若いよねホント。
アンチエイジングってやつでしょうか。
僕も見習わなきゃな。気分はまだ17なんですけどね。

まあ旅は道ずれですから、しばらく彼と一緒に走ることにしました。
ノボシビルスクまでルートも一緒みたいだし。
IMG_1410.jpg

明日出発だから今日はホブドに連泊です。
飯食ってネットカフェ行ってビール飲んで。そんな一日でした。

IMG_1408.jpg

2009.07.31 ホブドへ
7月25日
今日も朝の9時からひたすら走ります!!
IMG_1397.jpg

アルタイをこえると景色も変わり、山脈と痩せこけた大地とラクダ
真夏のモンゴルで雪山を拝めるとは思っていませんでした。
IMG_1392.jpg


300キロ走って西モンゴルの中心都市ホブドに到着
IMG_1406.jpg


4日目なんで流石にシャワー浴びたいし、体力回復させたいので今日はホブドのホテルに
一泊29000トグルグ。たけー!!
でも今日はご褒美です。
へたに無理して事故でも起こしたらシャレならんし
これであしたからまた頑張れるんです。

IMG_1402.jpg
街中からこんな立派な岩山が見えます。ちょっと変な感じですね。

そして夕飯はドシラク!!
モンゴル料理のレストラン入るよりずっとおいしいんだよね
ドシラクサイコー!!サンキュードシラク!
2009.07.30 アルタイ到着
7月24日
そんなこんなでようやくアルタイに到着。
3日でアルタイだからまあ順調かな
でもその分身体はボロボロです。

腰と肩と腕がパンパンだしオフ車の細いシートに座りっぱなしで尻は痛い。
加えて食事がまずい。
ウランバートルだったら高いけど日本料理も中華も食べられたんですけど、ここではいくら金出したって旨いものは食べられません。
そんな気の利いた店はないから。
やっぱり食がままならないってのはきつい。
僕にとってのガソリンですから。


IMG_1357.jpg

でも景色は抜群にいいんだよね。
こんな広い空は見たことない。
この写真でも全然伝わらないほど広いよホント。

IMG_1373.jpg

夕日も星もめちゃくちゃきれいだし。
IMG_1378.jpg


そして今日は久しぶりのキャンプです。モンゴル初ですね。
西まで行くと土地が痩せているので遊牧してないんです。
つまりはゲルもあんまり無い。
IMG_1386.jpg

7月23日
今日は朝から晩までダートと格闘の一日でした。
モンゴルの南ルートは楽勝のはずだったんですが、
砂ありガレ場ありキャタピラ痕ありでもうヘトヘトです。
ハバロフスク-チタ間のダートが可愛く見えてくるほどキツイ。
IMG_1356_20090726173204.jpg

一日400キロずつ刻めると思ってたんですが、
朝の9時から20時まで走ってわずか200キロ超位しか進めずでした。
地図を良く見るとこの先アスファルトはホブドまでは皆無。
ヘビーだなあほんとに
IMG_1363.jpg

そしてバヤンホンゴルの50キロ先位のゲルで宿泊。
IMG_1364.jpg
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。