上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009.07.09 バイカル湖
6月30日
ようやくウランウデを離れ、バイカル湖へ。
IMG_1040.jpg

バイカル湖は世界最大の淡水湖で、地球上の淡水の20%を占めているといわれると言われています。

皆さん『水』という限りある資源について深く考えたことありますか?

海外を旅していると(といってもまだロシアだけですが…)水の大切さを深く感じます。
日本では水道をひねればいつでも好きなだけ手に入る水。
それが日本の常識。
でもそれって世界のほんの一部なんだと思う。

ロシアでは水洗便所はほとんど見かけません。
まあ観光で行く都市部のホテルは水洗ですけど、それはほんの一部。
9割くらいがいわゆるボットン便所です。

もちろん水道水は飲めないし、田舎に行けば水道だって無い。
雨水を貯めてそれで顔やら手を洗ったりね。
シャワーなんてないしお湯もでない。
そういうところで生活している人は水を本当に大切にしている。

だからね、旅をしていると日本の環境というものがいかに恵まれているのかを感じるよ。
日本の上下水道を整備してくれた世代の人たちって凄いことしたんだなって感じました。
すげーよ!!ホントすげー!!
こんな当たり前なんだけどモノ凄い環境に感謝しなきゃいけないよね。

高度経済成長期を支えた日本の団塊の世代の方々なんでしょうか?
凄い国作ってくれたよ。麻生太郎じゃないけどもの凄い国だよ日本は!!
引きこもりとかネットカフェで難民やってる場合じゃないでしょこりゃ!!


さてさて、本題のバイカル湖です。
デカイですね。対岸がまるで見えない。
やっぱりなめてもしょっぱくないです。
イルクーツクまで行くのがめんどくさかったので、僕が訪れたのは湖東部です。
バイクで湖岸まで行ってみるとなにやら網を引いている集団が。
IMG_1022.jpg

彼らに混じって僕も引くことに。かなり縄がでかいので引くこと20分くらいでしょうか?
魚が出てきましたね。
IMG_1030.jpg


お前はとらないのか?っていわれたんですが、
入れるとないし生臭いから遠慮。

IMG_1032.jpg
IMG_1038.jpg

でも面白い体験できたわ~。

んでもってその日はバイカル湖からちょっと離れたところでブッシュキャンプ。
久しぶりのキャンプです。
スポンサーサイト
2009.07.09 ドシラク!!
ドシラクフクースナ!!

IMG_1020.jpg

これドシラクです。
ショーラ達に教えてもらったんですが、食ってみたらね。
うめえ!!
クソうめえ!!

韓国のカップ麺なんですが、味が日本の物に近いから懐かしい気分になります。
僕は完全にはまりました。
ひとつ25ルーブル位です。ロシアに行った際には是非。

ドシラクフクースナ!!って連呼してたらロシア人に笑われました。
日本人はこんなもので感動するのかと思われたんでしょうか??

6月29日
今日はやっとこさモンゴルビザ申請。
IMG_1015.jpg
あさからモンゴル領事館へ。これが建物なんですが、帽子かぶってるみたでかわいいよね。

申請はなんのことはない書類を書いて、写真をはってあっさり済みました。
パスポートを預け、夕方5時にまた来なさいとのこと。費用は70US$
意外に簡単なのね~。

その後ゆっくり朝食兼昼食。
あやしい寿司屋を見つけたのでちょっと迷ったけど辞めました。
きっと後悔するだけだから。高いしね。
IMG_1016.jpg

で結局カフェへ
久しぶりの鶏肉です。うーんうまい。
IMG_1017.jpg

ロシア人はチャイ(紅茶)好きで食事には必ずチャイを飲みます。 
チタ以東ではストレートのチャイにたっぷりお砂糖をいれて飲むんですけど、
ウランウデまでくるとなぜかミルクティー率が上がる気がします。
ブリヤード人はミルクティーが好きなんでしょうかね?
IMG_1018.jpg

ミルク濃い目のチャイとブリヌイ。
幸せじゃー。


これがモンゴルビザ。
IMG_1019.jpg

でも受け取ったのが夕方なので今日の出発は無理。ウランウデで今日も足止めですわ~。
なんだかんだでもう3日目。ネットがなかったら発狂してそうです。
はやくバイカル湖行きたいよ~。
6月28日 
ウランウデ二日目。今サマータイムなので日本との時差はゼロです。


よくよくかんがえたら今日日曜日でした。
ということは、もちろんモンゴル領事館はお休み。
モンゴルに向け米$も調達したかったんですがもちろん銀行もお休み。
なにもできない。

つーことで今日はウランウデで連泊です。
宿泊費バイク保管料込みで650ルーブル。まあインターネットができることを考えると許
容範囲かな。

気分を切り替えてウランウデ観光。
IMG_1008.jpg
とりあえずブリヤード自然博物館にいってきました。
日本の運転免許証みせて「学生です」っていったら学割利きました(笑)
僕もまだまだいけますね。30ルーブル得した~。

IMG_1010.jpg
中はこんな感じ。途中眠くなって中のベンチで寝ちゃった。
昨日も夜更かししちゃったからね。ブログ更新って結構時間かかるんですよ~。

レーニン像頭部
IMG_0996.jpg
クソデケェ


IMG_1000.jpg

自分撮りはうまくいかず…

一日ふらふらしましたが、ウランウデは正直つまらんです。
そして人も街も洗練されていない(笑)
IMG_1013.jpg

へんなショッピングモール的な場所があるんですが、
欲しい物がひとつもない。全く触手が動かないです。
IMG_1012.jpg

ここまで来るとモンゴロイド系の人がかなり多くなるんですが、
金髪に染めてる女性とかみるとね、うわー…って感じですよ。
白人に憧れるのはわかるんだけどさ。似合わねーよ!強烈に似合ってねー!!
お前ら黒髪だろ!!

まあ日本人も大して変わらないのかもしれないけどさ。



ロシアなんだけど黄色人種が多くて、
でも彼らはロシア語を話し、自分はロシア人だと思っている
と同時にブリヤード共和国という帰属意識も持っていて、
それでもやっぱり若い人は白人に憧れている。

どっちなんじゃい!?はっきりせい!!ってかんじです。

なんかねえ。居心地悪いです。僕の五感がそういってます。
明日はビザ申請してとっとと出発したいわ。
6月27日
いよいよチタを離れ一路ウランウデを目指します。
最後ショーラのパパがバイパスまで案内してくれました。
彼らもモンゴルでモトクロスの大会があるらしく、
来月モンゴル入りするらしいのでモンゴルで再会できたりしてね。

途中のGSで給油を終えトイレに行くと見馴れたキャンピングカーが!!
IMG_0984.jpg

そうです。町谷さんとまさかの再会。
ノボシあたりで再会できますかね~とか言ってたんですが、
既にこの旅で3回目の遭遇です。


IMG_0983.jpg

彼らもシベリアの悪路を走破してきたわけですが、
なんとフロントガラスが大破。対向車の砂利トラに石を落とされてしまったみたい。
バイクだったらしんでるよな(汗)でもお二人は無事でよかったです。
チタでは修理できないらしくイルクーツクまでこのまま走るそうです。



IMG_0985.jpg
ウランウデに近づくにつれて、東洋的なものもしばしばみられるようになりました。
青い布ってモンゴルですよね?
ユアンマクレガーのlomg way roundでもモンゴル国境で青い布をもらうシーンがあったような。
IMG_0991.jpg
カフェの子供たち。子供はかわいいよねホントに!!




その後ドイツ人ライダー二人に道で遭遇。
IMG_0994.jpg

久しぶりの英語でのコミュニケーションです。
トニーともう一人は名前忘れました。
IMG_0992.jpg

BMWR1100GSにツラーテックのZEGAケース。
まさにドイツ人ってかんじですよね。
タイヤも積んでるのね。

ドイツからウラジオストックまでツーリングだから逆方向だね~。
残念。軽く情報交換をして彼らとは別れました。

しばらくすると雨。
止まるきっかけをなくして結局ウランウデまで一気走りです。
700キロ位かなあ。オイル変えたからバイクの調子がよくてついつい走っちゃいました。

でインターネットができるホテルを探してアドンホテルというところで今日は宿泊です。
久しぶりのまともなネット環境なのでせっせとブログ更新です。
明日はモンゴルビザ取得じゃー!!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。