上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
メキシコに日本人が殖民した街があると聞き、行かずにはいられなくなり行って来ました。
チアパス州のタパチュラ近郊にあるアカコヤアグアという街です。
ここは明治初期に榎本武揚が組織した榎本移民団が始めてメキシコに入植した街なんです。
榎本武揚で思い出しましたが、彼は五稜郭で敗れたいわゆる幕府側の人間なのですが、
明治政府でも重用されるわけです。
当時の明治政府の懐の深さをうかがい知ることができますね。
今の政治家も政党や派閥(与党民主党では派閥といわずグループというみたいですね笑)
話がそれました。。


遺跡とかには全く興味が無いが、そういうところにはやたらと行きたくなってしまいます。
スペインのコリアデルリオに行ったせいもあるのかもしれません。
オアハカにもパレンケにも行きませんが、ココには行きます。



バイクで走ること何時間か?夕方前に到着。
榎本パークはすぐに見つかりました。

なぜか芭蕉の句が。。なぜ芭蕉??
DSC_0597.jpg


DSC_0599.jpg
ここにいれば誰かが「お前はハポネスか?」なんて話しかけてくれるかと思いしばらくぼーっとしてたんですが、
日本人らしき人もいないし、誰も話しかけてこないのでこちらから探すことにしました。

「ハポネスに会いたいんだ」と何人かの現地人に声をかけると、タケムラさんという人が歯医者をしているとの情報が。早速行ってみることに


ココです。タケムラさんち。
とりあえずピンポンを鳴らします。あいかわらず図々しいですよね。俺。
DSC_0617.jpg

そしたら二世のおばあちゃんが出てきてくれて、色々と話を聞かせてくれました。

DSC_0601.jpg

その後おばあちゃんが街を案内してくれました。
DSC_0608.jpg

季節はずれの七夕がいい感じです。
DSC_0603.jpg

その後ホテルに行くも250ペソとちょっと高すぎたので結局タケムラさんに頼んで、
庭にテントを張らせてもらうことに。
ホント図々しくてすいません。
でもとっても楽しかったです。
タケムラさん本当にありがとうございました!!
スポンサーサイト
思いがけぬ連泊となってしまったので、どこにも出かけないというのもあれなので、
自分への言い訳の為、近郊のサンファンチャ村に出かけることにしました。
ツルさん、ちひろちゃん、マイケルも行くみたいなので便乗です。
コレクティーボでお出かけです。バス移動って超新鮮♪
DSC_0566.jpg



こんなとこです。
が、しかし到着するなり気づきました。ここはサンファンチャ村ではなく、
サンファンチャムラだということに。そうつまりサンファンチャムラはサンファンチャムラ村だったというわけす。
DSC_0589_20101115095044.jpg

ポヨも生で売ってます。てか生きてますね。
DSC_0570.jpg

現地人結構かわいいんですよね。
DSC_0574.jpg


DSC_0594.jpg

かっこいい民族衣装!
DSC_0583.jpg

汚いおばあちゃん。
DSC_0592.jpg


そして今夜もダハブゲームが始まりそうな予感がしています。
明日には絶対出るぞ!!絶対に!
出れるかな?いや出ます!
今日は朝からタクヤさんとジュンコさんが郵便局にいくみたいなので、
便乗して着いていくことにしました。


その後サンクリストバル寺院へ
せっかくだしこの石段にチャレンジしてみることにしました。
DSC_0533.jpg

見た目ほどはきつくなかったかな。でも景観は木が邪魔していまいちでした。
もっと開けてたら気持ちいいんだけどなあ。
DSC_0539.jpg

なぜか上に遊具が。
DSC_0537.jpg

その後宿に帰ってジュンコさんにマッサージ(エロではありません)をしていただきました。
ジュンコさんはタイでマッサージを習っていたらしくとっても気持ちよくてついついzzz
ジュンコさんありがとうございます!
DSC_0546.jpg

そして夜はツルさん主催でみんなでキモ祭。炭火でひたすら肉を喰らいました!
砂肝、ハツ、レバーとズッキーニ。これだけでいいんです!!
男は黙ってキモ祭です。
DSC_0556.jpg

もう美味すぎる。そしてビールが進みすぎる!!
DSC_0560.jpg

その後いい感じでお酒も入ったところでダハブゲームに突入。
ルールを説明すると
王様側と平民側に分かれて、王様は平民になりすまし平民を欺き、
平民は誰が王様なのかを疑っていくというゲームです

まあ簡単に言うと人間不信&疑心暗鬼ゲームとでもいいましょうか。。
このゲーム、嘘をつけない人や、本当にいい人の場合嫌いになるらしいです。

僕は初体験だったわけですが、ガッツリはまってしまいました。
多分性格最悪なんだと思います。
基本人を疑ってかかる性格なので楽しくてしょうがありません。
明日チェックアウトのはずが、2時過ぎまでダハブゲームに興じていたため延泊決定。
中南米恐るべし。。

果たして僕は11月27日までにパナマに無事到着するんでしょうか?(27日の船に乗らなければならない)
謎です。小松美歩です。
2010.11.17 ツル散歩
サンクリの宿カサカサに滞在していたら、アミーゴで一緒だったテピテリアンのツルさんがチェックインしてきました。
あんまり長居するつもりもなかったんですが、なんか楽しくなりそうな雰囲気なのでしばらくゆっくりしようかな。

そして昼前にツルさんと散歩。ツル散歩です。
ツルさんは依然にサンクリに1ヶ月位滞在していたようでさすがに詳しい。
DSC_0505.jpg

メルカドのポヨ屋でトリ肝を買います。ツルさん曰くサンクリではキモらしい!
DSC_0502.jpg


DSC_0503.jpg

メルカドで昼食レストランにて魚のフライを食べる。最近タコスばっかだから、
結構おいしいですね。
DSC_0506.jpg

その後おいしいアイスの店やカフェなどを案内してもらい、かなり満足。
俺が乙女だったら惚れてます。さすがツルさん!
サンクリストバルデラスカサスという街にやってきました。
メキシコ東部のチアパス州というところにある標高2000メートル以上の高原都市です。
ここには今も多くの原住民が住んでいます。
こんな街です。
DSC_0496_20101115084958.jpg


カテドラルまでの道。まるでお寺までの参道を思わせます。
DSC_0516.jpg

瓦屋根もとっても一般的。なんだか東洋的な雰囲気がして懐かしい気持ちになります。
DSC_0514.jpg



ここでなにより一番驚いたのが原住民の女性がとっても働き者だということ。
まあ理由は簡単で生活かかってるからなんでしょうが…
DSC_0523.jpg

どこへ行っても物売りの女性。
DSC_0524.jpg

こんなちっちゃい子供も。
DSC_0525.jpg

また子供。
DSC_0529.jpg


DSC_0527.jpg
イヤーすごいですね。彼女達は近郊の村から乗り合いバスに乗ってやってきて、夜の9時過ぎ位まで平気で行商をしています。
男女同権、雇用機会均等等と叫ばれて久しい昨今ですが、女性が働きすぎるのもそれはそれで問題なんでしょう。
果たして男は家で何をしているんだろうか?テキーラ片手に昼寝でもしてるんでしょうかね?
男が働かなくなった国。悲劇でしょうね。。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。