上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
久々のブログ更新です。
こういうテーマだとほとんど反応がないので書いててちょっとさみしくなるのですが、
自分の思っていることを文章化することって大事なことですよね。参院選近いですし!大いにみんなで考えましょう!
ということで徒然なるままに書いてみたいと思います。
皆さんも思うところがあれば、コメント、メッセージどしどし頂けると嬉しいです。
異論反論大歓迎。

まず今回のテロ事件で気になったことは2点です。
①「私は日本人だ!×3」発言
②実行犯が裕福な家庭に育ち、高等教育を受けていたということ。



まずは①の考察から。
被害者に鞭うつ意図はないんだが、俺は日本人だ!って言われても個人的には
「で?なに?日本人だから何なの?」って思ってしまう。
日本人だからバングラ人の味方なの?
日本人なら無条件で見逃してくれるの?
日本人はバングラ人より優れているってことなの?
日本政府はODAでバングラディッシュ政府に何百億も払ってるから言うこと聞けよ!ってことなの?
俺たちはお前らの国で技術のないお前らの為に橋作って道路作ってあげているんだから見逃せってこと??


考えれば考えるほど発言の意図がわからない。
ちなみにわが日本国は911以後のイラク戦争にてインド洋でアメリカの艦船に給油をしている。米軍への後方支援ってやつです。
イラクのサマーワにも自衛隊を派兵している。アメリカとは日米同盟という強固な軍事同盟を結んでいるのは周知の事実だと思う。
つまりアメリカの同盟国でイラク戦争でもアメリカ側についてイスラム世界を攻撃した当事者であるわけです。


じゃあISのテロリストに殺されても仕方ないよね。
だって我々日本国はアメリカと歩調を合わせてイスラム世界と対峙しているんだから。
十字軍の戦士である欧米諸国と歩調を合わせて実際に後方支援までしているくせに「日本は平和国家で我々は無宗教なんだから関係ないから助けてくれ!」って言われても虫が良すぎるんじゃないかな。

そしてODAの問題。つまりは金目。日本がバングラディッシュの為にどれだけお金払ってあげてると思っているの??
ってやつ。
無題


http://www.mofa.go.jp/mofaj/gaiko/oda/files/000142158.pdf


なるほど!英国を抜いて一位ということは我が国は金はたくさん払っているようです。
でもさ、金払っているからなんなの??日本は途上国に感謝されて恩が売れて尊敬されるためにODA拠出してんの?
そんなくだらない精神だったらやめればいいよ。

僕はバングラディッシュには行ったことないので(スイマセン)あんまりいい加減なこといえないんですけど、
ODAがらみの「建設コンサルタント」なんて言葉をきくと、なんとも得体がしれないような嫌悪感をもってしまう。
旅しているときに発展途上国に長く住んでいる人からこの手の話はたくさん聞いたことがある。
もちろん僕はバングラディッシュは未訪だし、今回被害にあわれた方とは全く面識がないし、
国際貢献の為に高い志をもって一生懸命海外で働いている方もたくさんいることは事実でしょう。

ただ、ODAというドル箱は僕は魑魅魍魎の世界だと思っている。
政府役人-建設コンサルタント-ゼネコンこの三位一体の妖怪同士の間でお金がどんな感じで動いてるんだろうか?
中抜き、賄賂、キックバック。
舛添さんの一連の報道が一瞬で霞んでしまうほどすごいことが行われているだろうことは想像に難くない。

そしてODAで現地人が幸せになるのか??という問題もある。
http://tobanaibutaha.blog37.fc2.com/blog-entry-270.html


これは僕がエチオピアを旅した時のブログです。
日本が誇るスーパーゼネコン鹿島建設が立派な道路と橋を作ってくれたようです。
エチオピアの為に!!

でもどうでしょうか?彼らの暮らしは変わったのかな?
愛知御プア

立派な橋と道路ができたけど、彼らの日常は微塵も変わらない。
もちろん就学もできない。腹も減っている。貧しい。
自分でもすっかり忘れていたけど、ギブミーバナナはわかるけど、ギブミーウォーターってかなりキテルよね。
「貴様らこんな立派なものを作ってもらっておいてまだ求めるのか?」と過去の自分が暴言はいてるけど、
猛省しなければいけない。別に現地の彼らがそれを求めてたわけじゃないから。
一部のエチオピアの上層部と日本政府と建設コンサルタントとゼネコンが勝手に決めただけの話なんだよね。

本当は現地の子供がしっかり学べる学校と医療環境や満足のいく食料を確保してあげることが一番いいんだろうね。
道路と橋でいくらお金使ったか知らないけど、そっちのほうがよっぽど安上がりな気がする。

なにが言いたいかってね。つまりはODAなんて所詮は先進国の自己満足。オ○ニーに過ぎないってこと。
やること自体悪いことじゃないし、やらないくらいだったらやったほうがいい。
それにみんなが満足のいく途上国支援なんて絶対に不可能。だから別に道路作って橋作ってってのが
悪いことではないと思う。
ただ、やっぱり自己満足なんだよ。これを自覚しなくちゃいけない。
自己満足なんだから提供する国に対して過度に何かを求めるのはナンセンス。
ODAは所詮自己満足



「私は日本人だ!」という発言をされた人はおそらくもう亡くなってしまっているので、
その発言の意図を知ることができない。
しかし、何かを与えてあげる側のおごりが見え隠れする発言に僕は感じてしまった。



そして、食事をしていた場所と時期。
各国の大使館が立ち並ぶ高級エリアにあるレストランで顧客はほぼ外国人

それだけでなにか感じるものはないだろうか??
く現地の最下層の人は逆立ちしたってそんな店に行くことはできないのだ。
おそらく一生ね。
自分たちの月収の何倍もする食事を楽しむ日本人。
そこで給仕をするのは安月給で働くバングラ人であろう。
日本とは格差が決定的に違う。そこには絶対に乗り越えられない高い壁がある。
我々日本人ってだけでそんなお店で当たり前に食事できるんだけど、
日本人ってだけでそんなに偉いんか?

そして時期の問題。
ラマダン中だよね。
そもそもラマダンの精神とは何ぞや??
富める人も貧しい人も皆同じ人間。ラマダンの期間は金持ちも貧乏人と同じように
自ら断食して飢えを感じて貧乏な人の気持ちになろうじゃないか!簡単にいうとこういうことだと思います。
(詳しい方で間違っていたいたら指摘してください。)

そんなラマダン中、富める人も貧しい人もみんな目線を合わせなければいけない時に、
大使館が立ち並ぶ高級エリアの高級レストランで食事をする。
ちょっと無神経じゃないかなー。信仰に対してのリスペクトが感じられない。
バングラディッシュって9割ムスリムなんでしょ?
こういうのってちょっとした気遣いだとおもうんだけど。

イスラム教に改宗しろってことじゃないし、イスラム教が正しいということでもないんだけど、
イスラム教徒がマジョリティーを占める社会でビジネスをしている以上、
相手の信仰に対する敬意とか理解が絶対必要だよね。
それがないんだとしたらそもそも開発援助なんてやるべきじゃない。
そこに心がないんだから。

つまりは日本人だろうがアメリカ人だろうがイギリス人だろうがフランス人だろうが、
そんな高級レストランで食事をしている時点で、搾取をしている側。
つまりこの社会の問題の根源だと思われても仕方ない。
極論言うとユニクロの服着てるだけでも加害者だと言えなくもないんだよね。
テロリスト目線で考えるとね。

激安ファッションの犠牲者 バングラデシュの悲劇とユニクロ「年収100万円」
http://bylines.news.yahoo.co.jp/kimuramasato/20130502-00024673/



ここまで読んでくれた皆さんありがとうございます。
では最初の「私は日本人だ!」発言に戻りましょう。

アメリカの同盟国でイラク戦争にも参加したイスラム世界の敵日本人。
ラマダン中にも関わらず、搾取したお金で高級レストランで食事をする日本人。
ODAで金はたくさん払っている。しかしそれが格差拡大や汚職、
労働力の搾取につながっていることに気づかない無知な日本人。



テロリスト「そうか。お前は日本人だな!」
結果はどうなるでしょうか??

I am a Japanese!!
So what??what does it mean??
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。